色んな職場や環境でのお仕事を考えてみよう

転職した後も安心できるサポートの受け方

障害者の雇用

障害者雇用に力を入れている会社もあります

障害者と一言で言っても抱えている障害はさまざまであり、先天的なものから後天的なものまで幅広いです。障害者であっても生きていくためには自立してお金を稼ぐことが大切であり、その支援をおこなっている会社も増えてきています。障害者受け入れをおこなっている求人も最近では特に多く、仕事をできる場が広がってきています。求人を出している会社の業種はさまざまで、自分が障害を持っていても働ける場所が見つけやすくなっています。求人によっては短時間や時給が安いところもありますが、社会経験を積んでいくことでアピールすることができます。知的障害や身体障害など持っている障害は人によって違いますが、社会で生きていくためにもできる仕事から始めていくと良いです。

求人は職安などで見つけやすいです

障害者の求人を探す場合は、地域にある職業安定所に行くことで見つけやすくなっています。各会社からの求人が集まっているため、求人の数が多いのも特徴です。また登録しておくと、自分にあった求人が出た時に連絡がある場合もあります。その他にも障害者支援をしている団体などで職業の斡旋をおこなっているところもあり、仕事を紹介してもらうことができます。また身体的に障害を抱えていて通勤が難しい場合でも、自宅でできる仕事もあります。これらの求人はこれからも増える傾向にあるため、障害者でも職業を得て働く人が増えてきます。仕事を得て収入があると自立した生活ができるため、将来的にも安定します。障害者支援をどんどん活用して、仕事を見つけると良いです。