色んな職場や環境でのお仕事を考えてみよう

転職した後も安心できるサポートの受け方

コールセンターで働く

コールセンターの仕事の内容と学べること

コールセンターには業種業態でみると、公的機関もあれば、一般企業もあります。いずれの場合も、事前研修を行う所が殆どですので、初めての人でも就業できます。雇用形態は、正社員、契約社員、派遣社員といろいろありますが、自分の生活スタイルや経済状況などで、どういう雇用形態が良いか決めた方が無理なく仕事が出来ます。 コールセンターの仕事を通して学べることは多いので、スキルアップにもなります。電話を通して話をするということは、相手のことがよくわからないので、声の状態や話し言葉、声以外に聞こえてくるものなどから判断しなければなりません。従て、傾聴の習慣が身につきます。また、研修では言葉遣いも学べます。敬語だけでなく、謙譲語やマジックフレーズなど様々な表現方法を学べますのでコミュニケーション能力も向上します。更に、パソコンを使うことが多いので、パソコンにも慣れることが出来ます。

スキルの生かし方について

コールセンターの仕事を通して得られるものは能力だけでなく性格の変化、人間性の向上もあります。電話口のお客様のお話を理解しようと努めたり、苦情への対処をするうちに、忍耐力が身についていきます。また、長年コールセンターの仕事をしている人の中には、ラウンダーとかスーパーバイザーといったリーダー的役割を任せられる人もいます。 コールセンターの仕事をする場合、特別の資格はいらないのですが、仕事を通して様々なスキルが身についたり、人間性が向上したりするので、転職するときに経歴として高く評価されやすいです。